2014年03月20日

三国志に 私たちの道徳観では理解できない件があったので抜粋してみた (Bib/i 使用)

三国志が「青空文庫」で公開され、読みたいなぁと思っていたのですが、長編なので なかなか読み始めるのにきっかけがつかめず、ずるずる先延ばしにしていました。

正月休みに思い切って読み始めると、ものすごい数の人名が登場するのにビックリ。
しかも覚えにくいし・・・。
これは一気に読まないと、誰が誰やら忘れてしまいそう。

そんなわけで、頑張って読んだのですが十日ほどかかってしまいました。

三国志を読むと、私たちの道徳観ではどうしても理解できないような、むしろ嫌悪感をもよおすようなことが美徳として語られていることがあります。

特に、劉備玄徳が敗走する際、猟師のもてなしを受けるくだりがあまりにもおぞましいので、ちょっと抜粋してみました。

よろしければ、読んでみてください。
EPUB版、 PDF版、 HTML版 を作ってみました。内容は同じです。

EPUB版(Bib/i使用)

・真ん中の[再生ボタン] をクリックすると、このまま閲覧出来ます。
・左下の、[open in new window] をクリックすると、別ウインドウで開きます。
・ページ送りは、< > をクリックするか、スクロールバーで。
・閲覧中、左上のボタンから、スクロール方向が変更できます。

ブラウザによっては Bib/i が正しく機能しないことがあります。

吉川英治 三国志


PDF版

別ウィンドウでPDFを開くには、こちら(→「三国志 抜粋」PDF)をクリックして下さい。

 


HTML版

 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/91003292
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック