2014年04月05日

PDFファイルの暗号化解除 Foxit J-Reader、CubePDF、Google Chrome

WebからダウンロードしたPDF文書に 編集ソフトで必要事項を書き込もうとしたのですが、
パスワードで保護されていて、タイプライタツールが使えません。

エクスプローラーでプロパティを見ると、暗号化されています。
pdf-encryped.jpg

ちょっと分かりにくいので、PDF-XChange Viewer でプロパティを見ると、
pdf-encryped-e.jpg

このPDFファイルの暗号化を解除してみたいと思います。
実験に使うのは、
 Foxit J-Reader、CubePDF、Google Chrome です。

Foxit J-Reader


先ずは、私がいつもリーダーとして使っている Foxit J-Reader
暗号化されたPDFファイルをFoxit J-Reader で開き、[印刷]
プリンターに [Foxit Reader PDF Printer] を選択して [OK]
こんなん出ました。
pdf-fox.jpg

気を取り直して、今度は別のリーダー(Adobe Reader)で開き、[印刷]
プリンターに [Foxit Reader PDF Printer] を選択して [OK]

・・・・成功! 暗号化解除されたファイルが出来ました。

CubePDF


次は CubePDF
暗号化された PDFファイルをリーダーで開き、[印刷]
プリンターに [CubePDF] を選択して [OK]
ダイアログが開き、文書プロパティやセキュリティを設定することができます。
[変換] をクリック。
pdf-cubed.jpg

・・・・成功! 

Google Chrome


最後は Google Chrome
プラグインを使わず、Google Chrome で PDF を閲覧する設定にしておきます。
暗号化された PDFファイルを Chrome にドラッグ&ドロップ。
ファイルが開きますので [印刷] ボタンをクリック。
pdf-chrome-1.jpg

送信先の[変更] をクリック。
pdf-chrome-2.jpg

[宛先の選択] 画面が出ますので、[PDF に保存] をクリック。
pdf-chrome-3.jpg

印刷の画面に戻りますので、[保存] をクリック。
pdf-chrome-4.jpg

・・・・成功!


暗号化解除されたファイルのプロパティを見ると、
ちゃんと 解除されているのが分かります。
pdf-encryped-n.jpg


フォント情報


暗号化解除されたファイルのプロパティでフォント情報を見ると、
 ・フォント情報が完全な形で残されており、
 ・テキスト選択ツールがちゃんと使えるのは、
 Google Chrome で暗号化解除したファイルだけでした。


ファイルサイズ比較


それぞれのファイルサイズを比較してみます。

元ファイル(暗号化されたファイル)・・・・・・24.9 KB
Foxit J-Reader で解除したファイル ・・・・・ 44.5 KB
CubePDF で解除したファイル ・・・・・・・・58.2 KB
Google Chrome で解除したファイル ・・・・・22.8 KB

う〜〜ん Google Chrome を使うのがいいみたいです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92562325
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック