2014年05月02日

Foxit J-Reader を使って PDFファイルの消したい部分を削除する

PDFファイルから不必要な部分を削除する


PDFファイルを Foxit J-Reader で開きます。

[注釈] をクリック。
[タイプライタツール] の中の [テキストボックス] をクリック。
foxit_tb0.jpg

ツールバーに [テキストボックスボタン] が表示されている場合はそれをクリック。
fox-tb-.jpg

削除したい部分をドラッグして、テキストボックスで隠します。
(テキストボックスのプロパティで
 塗りつぶしの色を白に、不透明度を100%にします。)

左上の画像と、テキストの一部を隠してみました。
foxit_tb1.jpg
 
これで 削除されました・・・?
いやいや、隠れているだけで、テキストボックスを削除、縮小、移動させると、隠れていた部分が現れます。
紙に印刷するのであれば、このままでもOK です。

完全に削除した PDF として保存するには、
削除したい部分をテキストボックスで隠しておき、
[ファイル] 、[印刷] とクリック。
プリンターに [ Foxit Reader PDF Printer] を指定して [OK]
foxit_tb2.jpg

これで、消したい部分が削除された PDFファイルが作成されました。
但し、フォント情報は失われます。


関連記事
 ●Foxit J-Reader6.0 高機能な無料PDF閲覧編集ソフト
 ●Foxit J-Reader のタイプライタツールを使って PDFファイルに書き込む
 ●Foxit J-Reader タイプライタツールの使い方
 ●Foxit J-Reader テキストボックスの使い方
 ●Foxit J-Reader 描画ツールの使い方
 ●Foxit J-Reader を使って PDFファイルを Evernoteに送る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/95116196
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック