2013年11月16日

OneNote を SkyDrive や Evernote に保存する

OneNote を SkyDrive に保存する


OneNote から、
 @ [ファイル] → [新規作成]
 A 新しいノートブックの保存先にWebを選択
 B ノートブックの名前を入力して
 C SkyDriveにサインイン
 D 保存先のフォルダを指定して [ノートブックの作成] をクリック
(あらかじめ SkyDrive に Onenote 用のフォルダを作成しておくといいです)
onesky.jpg
これで新しいノートブックが SkyDrive 上に作成されました。
後は自動的に同期されます。


OneNote を Evernote に保存する


Evernote から、
 @ [ファイル] → [インポート] → [Microsoft OneNote] をクリック
 A [OneNoteをインポート] ダイアログが開くので、
    インポートしたいノートブック、セクションを選択して [OK]
oneever.jpg
これで指定したセクションが Evernote にインポートされました。
同期はされないので、保存したいセクションができたら同じ作業を繰り返す必要があります。
OneNote を Evernote に保存することにはあまり意味がないようです。


全く個人的使い方 まとめ


Evernote はWeb からどんどん情報を収集して保存できるが、整理することが難しい。そのかわり、検索機能が優れており、欲しい情報は割と簡単に見つかる。
OneNote はノートブック、セクション、ページできちんと分類、整理しやすい。
というわけで、
 Evernote で情報を収集していつでも検索できるようにしておく。
 OneNote で情報を整理して SkyDrive に保存する。
というのが私の使い方です。

OneNote 使わないのはもったいない、ブログの下書きに最適

Office ファミリーの One Note

OneNote
最初から入ってるけど使ったことない。という人、多いんじゃないでしょうか。

使ってみてください。超便利。
ノートを開けばどこからでも書き始められ、いちいち上書きしなくても自動保存されます。
ノート、ページ、セクションでわかりやすく分類できますし、
Web から記事を簡単に収集できます。(しかも貼り付け元のリンクを保持)
SkyDrive や Evernote に保存して複数のデバイスからアクセスしたり、共有することも。

ブログの下書きも、自動保存してくれるから楽ですし、
記事の投稿はコピー&ペーストで一発です。

onenote.jpg

     例えば私は
      ノート   → ブログ
      セクション → カテゴリー
      ページ   → 記事
     こんな分類で使っております。


Webページを印刷したいとき、プレビューを見ると1ページに収まりきらず、ちょっとだけはみ出して2ページにまたがる。
そんな時、印刷したいページを OneNote に貼り付けて編集すればきれいに収まります。

印刷したいWebページをコピー、OneNoteに貼り付け。
(Internet Explorerなら、右クリック → [OneNoteに送る] → 保存)
貼り付けたら、
テキストを削除、追加。 画像を移動、削除、拡大、縮小。
印刷プレビューを時々確認しながら、うまく収まるように編集して印刷。

本当に便利です。
私的には Office ファミリーの中で一番です。


2013年11月14日

タスクバーにショートカットアイコンを格納し、デスクトップをスッキリ

タスクバーにショートカットアイコンを格納


Windows7でショートカットアイコンを整理して、デスクトップをスッキリさせる方法です。
task1.jpg
このタスクバーにはたくさんのショートカットアイコンが格納されています。
クリックするとポップアップメニューでアイコンが現れます。
task2.jpg
これが実に簡単に出来るのです。

まず、適当な場所にフォルダを作成します。
このフォルダ名がタスクバーに表示されますので、どんなアイコンが入っているか分かりやすい名前を付けます。

タスクバー上で右クリック、[ツールバー] の中の [新規ツールバー] をクリック。
先ほど作成したフォルダを選択して [フォルダーの選択] をクリック。
task3.jpg
タスクバーにフォルダ名が表示されますので、
格納したいショートカットアイコンをタスクバーのフォルダ名にドラッグ&ドロップ
又は、直接フォルダの中にショートカットアイコンを作成。
これだけです。

ブラウザなどのようによく使うショートカットアイコンはタスクバーに表示させておきたいですよね。

タスクバーにアイコンを表示させたい場合は
タスクバーのフォルダ名を右クリック、[ボタン名の表示]、[タイトルの表示] のチェックをはずす。
これで、フォルダ名が消え、アイコンが現れます。
task4.jpg
スタートメニューと合わせて使えばデスクトップをスッキリさせることが出来ます。

Print Screen が出来ない! そんなとき役立つ Snipping Tool

Snipping Tool


パソコン画面を画像で保存するとき、Print Screenでクリップボードにコピー、
ペイントに貼り付け、トリミングやリサイズをして保存というのが一般的だと思います。

しかし、起動しているソフトによってはPrint Screenができないことがあります。

そんな時、Snipping Tool を使ってみてください。
[スタート] → [すべてのプログラム] → [アクセサリ] → [Snipping Tool] で起動。
snipping.jpg
切り取る領域をドラッグして選択。

領域選択やりなおすときは、[新規作成]
メールに添付して送信するときは、[切り取り領域の送信]
切り取った画像にペンや蛍光ペンで簡単な書き込みをすることも出来ます。
snipping2.jpg
ファイル形式を選択して保存。
保存できるファイル形式は PNG(.png) GIF(.gif) JPEG(.jpg) MHTML(.mht)

パソコン画面の一部を画像として保存したいとき、
Print Screen は画面全体をクリックボードにコピー → ペイントに貼り付け → トリミングしますが、
Snipping Toolは保存したい部分だけを範囲指定して切り取ります。

切り取った画像を加工せず、そのまま保存するのであれば、Snipping Tool の方が便利です。